aircolor memolog

Web制作・テクノロジー、たまに旅行記

オケアン号によるロシア・シベリア鉄道旅行 -準備編-

2013年のベトナム縦断旅行、2014年はJGCJALグローバルクラブ)加入旅行と、一風変わった旅行を立て続けに実行していますが、 今年はシベリア鉄道旅行(ウラジオストクハバロフスク間)をすることになったので、動機や準備などを備忘録を兼ねてブログに書きます。

動機・きっかけ

JALマイレージバンク - S7航空(S7)ディスカウントマイルキャンペーン

数年前から行っているキャンペーンを見つけてきたのがそもそもの発端。通常ウラジオストクハバロフスクの往復には20,000マイル必要ですが、このキャンペーンを適応すると12,000マイルでいけるというスーパーお得な内容。

ルーブルの暴落

これも大きいです。今年度初頭に暴落したのをきっかけに1RUB(ルーブル)が2円を切り、本日(10/4)調べたレートでは1RUB約1.8円。ちなみに2014年1月のレートは1RUB約3.1円、現在のレートの1.7倍でした。すさまじい下落っぷり、もう行くしか無いと誰かが囁きます。

旅の目的

メインミッションはシベリア鉄道。本当ならウラジオストクからハバロフスク、欲を言えば中国から行ってみたかったのですが、 2週間以上かかるので断念…生きている間に行ってみたいですね。

サブミッションは北朝鮮直営のレストランに行く事。(これは市内をどう回るか次第)
blog.his-j.com

よく旅行するタイや台湾など比較的メジャーな旅行と違って情報が少ないため、時間は多めに見積もって行動する予定です。

旅行概要

旅行期間

2015/10/08(成田→ウラジオストク) ~ 2015/10/11(ハバロフスク→成田)

鉄道乗車時間

2015/10/09 ウラジオストク 21:00発 ~ 2015/10/10 ハバロフスク08:15着(予)

準備

飛行機予約

S7航空キャンペーンを通して飛行機を予約をするには、JMB会員専用国際線からの予約が必要(オンライン予約は不可)。回線がつながったらキャンペーンを使って渡航する旨を伝え電話越しに予約。その際に確認される事項は次の通りです。手元にパスポートを用意。

  • 渡航先
  • 希望渡航日時
  • パスポート情報(旅券番号・有効期限・発行国・本籍)

ホテル予約

ロシア国内のホテル予約ができるサイトはそこそこあるようなのですが、よく知られる予約サービスのExpediaでは、ウラジオストクハバロフスクのホテルはほとんど取り扱っていませんでした。いつも使用しているサービスだったので残念ですが、今回は取り扱いが多かった別のサービスBooking.comを利用して予約。予約をしたホテルは以下のとおり。

観光ビザ・バウチャーの発行

これがロシア旅行をするハードルを上げている要因。ロシア渡航には観光ビザと旅行確認書(バウチャー)の発行が必要です。

ビザはともかく旅行確認書というのが聞き慣れなかったのですが、ビザを発券するにはまずこの書類が必要だそうで。 旅行確認書はパックツアーや代理店が関わっている場合はビザ取得までの手続きを代行してくれるようですが、今回は自由旅行なので自力で取得する必要があります。

旅行確認書(バウチャー)の発行

下記サイトで空の旅行確認書の発行が可能。全て英語で入力する必要があります。

tourist invitation letter to Russia

1回の入国の場合Singleとなり、599RUB(約1,100円)でPDF形式のデータがメールで送付されます。ただこの入力フォーム、海外サイトでよく見かけるようなユーザへの配慮に欠けるフォームで必須項目のエラーがなければ入力確認画面を挟まないですぐに送信されるので焦らされます。
支払いは情報入力後に届く確認メールのリンク先、確認画面兼支払い画面で行います(クレジットカードのみ)

ビザ発行

旅行確認書を発行したら次はいよいよビザの発行へ。

ビザ発行申請書の記入

上述した旅行確認書発行サイトと違い、インターフェースは日本語です(ただし項目は当然英語入力) 入力項目数が多く、説明もわかりにくいため確認にかなり時間がとられます。入力フォームは以下から。

電子申請用紙の入力 -ロシア連邦外務省領事局査証専用サイト-

また、入力作業の際に特にわかりにくい項目を補足として説明しておきます。

項目「13. Name of host organisation you intend to visit? 」に入力する情報

これはサンプルでアップした画像の赤枠に書かれている番号と発行会社の名称を入力。今回の場合、

「ALLIANCE TRAVEL COMPANY, 000961」または「TRAVELRUSSIA.SU, 000961」

でビザ取得ができています。この情報はネットを探してもなかなか見つからなかったので苦労しました… 入力完了・送信をすると登録したメールアドレス宛てにPDFデータが届きます。

f:id:kgsi:20151004211511j:plain

ロシア大使館へ発行申請へ

上述している旅行確認書・観光ビザ申請書を印刷、パスポートを持ってロシア大使館へ申請に行きます。最寄りは東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から歩いて約5分ほど。各種書類とパスポートを営業スマイルが一切ない受付に渡します。なおビザはパスポートに直接印字されるため、発行完了までパスポートは大使館に預けることになります。

在日ロシア連邦大使館

旅行確認書の印刷時のトラブル

申請直前でちょっとしたトラブルがあったので記載。旅行確認書はPDFで送られてきますが、これは画像化されていない文字データ埋め込み式のデータです。 直接入力したエリア以外は全てキリル文字(ロシア語)で書かれています。この書類を直接印刷しようとした場合、プリンタまたはPC側にキリル文字のフォントデータが入っている 必要がありますが、セブンイレブンネットプリントサービスには書体がインストールされていないようで、ロシア語の部分のみ印刷がされないエラーがありました。この現象は画像化することで回避できるので、最終的に画像化したデータを印刷して事なきを得ました。外部サービスを経由して印刷しようとする場合は十分注意が必要です。

ビザ受け取り

書類・パスポート渡してから2週間で発行が完了、大使館へ受け取りに行きます。
なお通常の2週間後の発行なら手数料は無料ですが、発行を急ぐ場合は手数料を払うことで最大翌日の発券が可能。 (1週間後:4,000円、翌々日:8,000円、翌日:24,000円とのこと)

ビザ発行に参考とした記事

[余談]ビザ代行をしてもらうと…

下記のサイトによれば1人あたり8,000円で代行取得可能とのこと。
ロシアビザ代行(バウチャー込8,000円)はロシアビザ取得申請代行センター
今回かかった費用としては以下のとおり。代行より6,000円安いです。

  • バウチャー発行費:約1,100円
  • 電車代(都内→神谷町)費:約300円
  • ネットプリント費:約100円

これを高いと見るか安いと見るかは、旅行の目的と考えによりますね。とにかくこういった手続きが煩わしい方は、代行に任せたほうがよいかと思います。

シベリア鉄道予約

最後の大捕り物、これもやや難物でした。 当初は最安で予約できるであろうロシア鉄道本家サイトで予約を試みました、がしかしフォームの入力はできるが唯一の支払い方法であるクレジットカード決済が通らないという問題が。いろいろと調べてみたところ、決済はロシア国内で発行されたクレジットカードのみ対応している、ということで断念。。

最終的には一番安かったWay to Russiaというサイトで予約。 費用はオケアン号 (ウラジオストクハバロフスク間)2等車で1人約$57(英国の代行会社なのでRUBではなく$)

シベリア鉄道予約時に参考とした記事

Wifi(ネットワーク)準備

今回特に英語が通じるかわからないため、地図や翻訳情報などを得るために準備。 タイでもよく使うグローバルデータのWifi端末を契約。最低料金は1280円/日、タイよりだいぶ高めな値段設定。 今回は4日なので約5,000円で契約。
イモトのWiFi


準備編は終わり、来週からいよいよ旅行開始です。戻り次第レポートをまとめる予定。

過去の旅行関連記事はこちら

aircolor.hatenablog.com

広告を非表示にする