aircolor memolog

Web制作・テクノロジー、たまに旅行記

アジア4カ国周遊完了!サイコロの旅 in ASEAN完結レポート

f:id:kgsi:20160529171904p:plain

おかげさまで、「水曜どうでしょう」オマージュ企画「サイコロの旅 in ASEAN」は2016年5月10日をもって無事達成・終了することができました。完了から報告まで間が空いてしまいましたが、今回は企画を実施するための準備の過程と、ルートの説明・トータルの費用などをまとめて紹介します。

目次

  1. 概要
  2. ルート策定と経緯
  3. ルート予約について
  4. ルート費用総計
  5. ルートマップ
  6. 終わりに

概要

ASEAN10カ国制覇を目指す延長で、 「水曜どうでしょう」の企画「サイコロの旅」とを、 ソフトに掛け合わせたオマージュ旅行企画。

期間

渡航期間は以下のとおり。
2016年5月2日(月)〜2016年5月10日(火)

参加者

  • kgsi
  • 弊社代表
  • 社員M(フィリピンのみ参戦)

渡航国(都市)

ルート策定と経緯

前記事で書いている通り、事前にサイコロを投げて、以下のルートが確定。

ラオスへの渡航

f:id:kgsi:20160529171927p:plain ラオス(ヴィエンチャン)に渡航する場合、羽田・成田からの直行便はありません、経由便のみなります。
問題はどこを経由して向かうか。ベトナムや中国経由便の可能性も含めて吟味していました。ただし、JALマイルを使ってルートをつなぐ、という前提があったので、始まりのルートはかなり絞られていました。

陸路での渡航

単純に飛行機で行くことは簡単ですが、合わせ技で行ったことの無い都市にも行きたい、という提案もあり、行き慣れていてかつマイルで行けるバンコク経由で、タイ北部の都市ウドーンターニーから、陸路でヴィエンチャンに入国することに。

ラオスブルネイへの渡航

f:id:kgsi:20160529171943p:plain 問題はブルネイでした。観光地としてマイナー国なので便数がそもそも少なく、ヴィエンチャンからの直行便なども当然ありません。バンコクからの直行便は2便(ロイヤルブルネイ・タイ航空)ほどありましたが、出発時刻の調整が難しく、値段も高めです。

マレーシア(クアラルンプール)も行けるのでは…?

f:id:kgsi:20160529172001p:plain そこで目につけたのが、エアアジアのクアラルンプール発ブルネイ着便でした。便数がそこそこ多く、なんといっても片道平均4000円前後という安さ。これを上手く利用すれば、ルールに抵触せずにクアラルンプールもぎりぎり滞在できる…。 そう考え吟味思案した結果、ヴィエンチャンからバンコクに戻り、バンコクからクアラルンプールに経由国として渡航、クアラルンプールからブルネイ渡航するという、複雑ながらも合法的に経由国を増やせる、素晴らしいルートを開拓したのです。

このルートの余談

ルート策定したのは3月後半ですが、4月後半に入って何気なくルートを再確認したところ、なんとエアアジアでヴィエンチャンからクアラルンプールに飛ぶ直行便が出現していました。
値段はバンコク経由と比べても圧倒的に安いです。これは無理やりに渡航国を増やそうとした罰なのでしょうか(汗

…というわけで、クアラルンプール→ヴィエンチャン便、安いのでオススメです。

ブルネイ→フィリピンへの渡航

f:id:kgsi:20160529172018p:plain このルートについてはあまり悩みませんでした。ブルネイ発フィリピン着便の場合、ローコストでクオリティが高いと評判のロイヤルブルネイ航空があるからです。
問題は1日1便しかなく、出発時間は午後13時。前日のブルネイ到着時間が15時なので滞在時間がかなり短いですが、行ったことがある人のブログや情報サイトを見ると、そもそも早く着いてもやることはない、という報告があがっており、時間を持て余す懸念もあったので、日程をずらさず、ルートを確定させました。

フィリピン→バンコクへの渡航

f:id:kgsi:20160529172055p:plain 本当は正直行きたくなった…しかしサイコロが出てしまったので不本意ながら決めたルートです。今更バンコクに早く着いてもすることは無いだろう、ということでギリギリまで滞在でき、かつ値段が安いセブ・パシフィック航空の現地時間21時発便を予約。

ルート予約について

国内線と違って、国際線はパスポート情報など入力情報が多く、 Skyscannerで航空券を予約する場合、大抵の場合は航空会社のプロモーション便が多いです。

各航空会社の予約レビュー

勝手な使い予約しやすさレビューです。Web制作者からの意見として、フォームからの予約のし安さ(使いやすさ)、直接対応評価をまとめました。

航空会社名 使いやすさ(5段階評価) 対応評価 備考
日本航空 ★★★★★ -- フォームそれ自体は古いものの、完全日本語で、航空券予約とパスポート番号入力とがフェーズ分けされているので、ミスをしにくい、文句なし。
エアアジア ☆★★★★ -- バンコク→ウドーンターニー便、クアラルンプール→ブルネイ便 の二便で利用。日本語の誤訳は目立つものの、予約の管理もしやすく使いやすい。航空券予約とパスポート番号入力とがフェーズ分けされており、誤入力し難い仕様。
バンコクエアウェイズ ☆☆★★★ -- フォームはそれほど使いやすくない、いわゆる普通のフォーム。可もなく不可もない。
マレーシア航空 ☆☆☆☆☆ -- フォームが入力しにくく、最後まで入力しても、クレジットカード(VISA)登録で弾かれた(カードを変えても不可能...)。どうやっても予約できないので後述するExpediaで予約、問題外。
ロイヤルブルネイ航空 ☆★★★★ フォームはとても使いやすい。イスラム表記なので名前の入力名が違うので注意。ブラウザによって挙動が違い、支払いが完了しているのに予約できていないという珍事が発生。ただし電話対応が良かったので星は4つ。
セブ・パシフィック航空 ☆☆★★★ -- サジェスト機能など、入力補助はきちんとしている。ただし、オプションが多く、判断に迷うことが多い。フォーカスした際にでてくる独特な点線枠も、使いにくさを助長している。
Expedia(旅行サイト) ★★★★★ マレーシア航空が予約できなかったので、代わりに利用。予約フォームや管理システムについては、後述する問題点を差し引いても文句無しに使いやすい。ただし、電話での直接問い合わせが必要となった場合、最悪のサービスとなる。詳しくは後述。

その他所感

海外の航空会社を予約する際は大概英語ページのほうが使える

英語や現地語メインのサイトに日本語メニューがあったりしますが、大半は使い物になりません。誤訳が多く、サイトによってはフォームが正しく動作していない場合すらあります。またプロモーション価格が日本語にすると適用されない、といったケースも有ります。 英語ページはどの会社の予約ページもほぼ動作するので、予約時は極力英語サイトを使ったほうがスマートです。

入力フォームの違いによる大変さ

surname、given name、family nameなど…航空会社によって同じ入力内容でも説明や順序が違います。今回のケースのように、連続して違う航空便を予約していく場合、大変間違えやすいので、入力後のチェックにかなりの時間が必要です。

Expediaなどの旅行サイトで予約する場合、注意が必要

本当は独立した記事に書いてもよかったですが、クドくなりそうなので簡潔に述べます。
ホテルの予約と違い、航空券予約の場合は直接電話をしなければならない場合が多く、Expediaの場合も例外ではありません。直接電話してわかったことがいくつかありました。

電話対応で決めた内容が、連絡する度に変わる

旅行サイト全般がそうではないと思いますが、Expediaの場合、複数のコールセンターと契約しているようで、コールセンターによって対応がバラバラです。
例えば「A」というコールセンターが行っていることとBというコールセンターが言っていることは違う場合があり、詳しく聞くとコールセンター同士の連携は、受付記録以外されていません。
なので「A」が出した結論を再度電話して聞こうとして、「B」のコールセンターが出たら、「A」が出した結論とは全く異なる…といった事例が発生します。

統括管理する部署に連絡できない

最終的に埒があかない、という判断になり、「解決しないので上司をだしてください」とお願いすると、コールセンター側から、一般ユーザから連絡することができない、という答えが帰ってきました。HISなど、いわゆる通常の代理店とは違う、このセメント対応にはびっくりします。

旅行サイトはメリット・デメリットを踏まえて利用する

他の旅行サイトが同じ対応だとは思いません。Expediaもたまたま悪い対応にあたった可能性はありますが、全てを外部に委託してサービス運営をしている場合、可能性としてあり得ることだと思います。 もちろん入力を間違えない、キャンセルは絶対しない、という自信があればよいですが、緊急に変更やキャンセルが必要な場合のことを考えると、多少高くても...とも思います。低コストでオンラインサービスに依存した旅行サイトは、それなりのリスクがあることを踏まえて利用したほうがよさそうです。

ルートの費用総計

メモの意味でも総費用もまとめておきます。バス代も含めています。

航空・バス会社名 ルート 価格 備考
日本航空 東京→バンコク(往復) 35,000マイル(ハイシーズン)
エアアジア バンコク→ウドーンターニー 1,545THB
ウドーンターニーバスターミナル ウドーンターニー→ヴィエンチャン 80THB
バンコクエアウェイズ ヴィエンチャン→バンコク 110USD
マレーシア航空 バンコク→クアラルンプール 15,110円 Expediaで予約
エアアジア クアラルンプール→ バンダルスリブガワン 183MYR
ロイヤルブルネイ航空 バンダルスリブガワン→マニラ 127BND
セブ・パシフィック航空 マニラ →バンコク 8,274PHP

ルートマップ

ルートデータをGoogleMapにまとめました。

終わりに

今回の「水曜どうでしょう」オマージュ企画、「サイコロの旅 in ASEAN」を終え、ASEAN加盟国で行っていない国は、残すところ「カンボジア」と「インドネシア」のみとなりました。 ここまでくると、早々に渡航してクリアしたいところですが、それをぐっとこらえ、 残り二カ国については、今回のようなホッピングはせず、 マニアックで深い楽しみ方を見つけてみたいと考えています。

最後にこのおバカな企画を承認していただき、付き合っていただいた弊社代表と、支えていただいた弊社取締役Cさんへの謝辞で、まとめを締めます。
ありがとうございました。

....さてさて次はジャングルかお遍路か、それとも....

関連記事一覧

aircolor.hatenablog.com aircolor.hatenablog.com


広告を非表示にする