読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircolor memolog

Web制作・テクノロジー、たまに旅行記

Markdownでテキスト書くならTypedがオススメ

app レビュー

年度初めの記事。今年もマイペースに、どうぞよろしくお願いいたします。

やる気を出す意味も込めて開発・ライティング環境を整えてみよう、とRealmac SoftwareのEmberとTypedというMacアプリを同時購入してみました。Emberについては、こことかこことかでレビューしている方がいるので割愛。今回取り上げるのはTypedについて。

Typedはミニマルなエディタで、とにかく簡潔に、シンプルに文章がかけるエディタ。Markdown記法で書くことに特化しています。もともとこのブログもMarkdownで書いているのでとってもハッピー。

気に入っている機能

  • デザインがとにかくシンプル。書きやすい。背景色の切り替えも可(白・ベージュ・黒)
  • 画面をフルスクリーン化できるZen mode。⌘+Yで切り替えられる。あとこのモードにすると環境音が流れる。座禅して文章をひたすら書く感じ
  • Markdownで書く人向けに便利な機能が沢山
    • プレビューが簡単 alt+⌘+Pで切り替えられる
    • Markdown用のショートカット機能も充実
    • デフォルトの記述画面でも、Markdown記法で書くとハイライトや文字サイズが大きくなるので確認が楽。プレビューモードに移行しなくても十分

駄目なところ

  • クラウド機能が無い。テキストのネットワーク保存は手動で
  • App Storeで売ってない。アプリの管理が少々めんどくさい
  • Markdown記法以外の書き方をする人には、どの機能もあんまり魅力的ではない(正直

ちなみに今まではMarsEditを使っていました。 Markdownも使えてプレビューもでき、さらには各ブログとの連携・投稿も可能という盛々アプリ。このオールインワンなこと、確かに素晴らしいとは思うけど、少々盛り過ぎというかお腹いっぱいというか。何より一番の問題として、あのもっさりとしたUIが記事を書く気を著しく削がれます。 MarsEditと比較してみて、Typedは機能的にははっきり言って充実はしていません。各ブログとの連携はできないし、記述方式は通常ライティングとMarkdownしか選べないです。しかし煩雑にならず、書くことに集中でき、UI(見た目)はとてもシンプルで書くことを邪魔しないです。。記事や文書を書くエディタとしてこれほど重要なことはないのではなかろうかと。
余計なものをそぎ落としたこのTyped。まずは今年のオススメアプリとさせてもらいます。

.....

あとRealmac Softwareがリリースしているタスクツール、Clearがセールしてるんで(2015/01/31現在)そちらも買うと幸せになれると思います。ここのアプリはどれもデザインが素晴らしいですね。

Clear – タスク&ToDoリスト

Clear – タスク&ToDoリスト

  • Realmac Software
  • 仕事効率化
  • ¥600

App Store版がリリースされました(2015/07/21追記)

Typed - Minimal Writing app and Markdown Editor

Typed - Minimal Writing app and Markdown Editor

  • Realmac Software
  • 仕事効率化
  • ¥1,800

広告を非表示にする